真田町

sanada

真田町(さなだまち)は、長野県東部(東信)の小県郡にあった町です。
北部の菅平高原は標高約1,300mで、冬はスキー夏はラグビーとスポーツが盛んです。
2006年3月6日に、小県郡丸子町、上田市、武石村と合併し、新しい上田市の一部となりました。
夏の冷涼な気候を利用した高原野菜の栽培も盛んに行われています。
1958年10月1日に長村・傍陽村・本原村が合併して発足しました。
戦国期に甲斐国武田氏の家臣となり、豊臣政権時代に大名化し、近世大名として存在した真田氏発祥の地です。
町名は公募により決まりましたが、町名の由来は旧長村地区に「真田」という大字名があるためとする説と、戦国大名真田氏発祥の地であるためとする説が有力です。
48年の町の歴史に終止符が打たれました。水道修理 豊中市 高槻市 吹田市 摂津市 茨木市 箕面市 池田市
2006年3月6日に丸子町・上田市・武石村と合併し、改めて上田市が発足しました。
真田町役場は上田市役所真田地域自治センターになりました。

Sanada Town (Sanadamachi) is a town in Oguni-gun, Nagano Prefecture Eastern (Toshin).
Sugadaira Kogen in the north is about 1,300 meters above sea level, skiing in winter and rugby and sports are flourishing in summer.
On March 6, 2006, I merged with Marugo Town, Oeda City, Takeishi Village, Oguri County County, became part of the new Ueda City.
Cultivation of highland vegetables utilizing the cool weather in the summer is being carried out actively.
On October 1, 1958, Nagura, Sayangoh Village, Honbara Village merged and was launched.
In the Sengoku period, he became a vassal of Mr. Takeda of Kai County, became a name in the Toyotomi era and became a birthplace of Mr. Sanada who existed as a modern age.
Although the name of the town was decided by public offering, the origin of the town name is influential because it is because of the name of the capital name “Sanada” in the former Nagamura district and the theory that it is the birthplace of Mr. Sanada Sengoku.
The history of the town in 48 years was put an end.
On March 6, 2006, Ueda City merged with Maruko Town, Ueda City, Takeishi Village, and Ueda City was rebuilt.
The Sanada town office has become the Ueda City Hall Sanada Regional Autonomous Center.